Q&A
Q&A

営業本部
東日本営業部

西岡 幸祐

経済経営学科 2013年入社

富士機械工業へJUMP

国内トップシェアという
誇りを持って仕事に取り組めます。

機械メーカーとして設計・製造から組み立て・据え付けまで携われること、また食品包装という日々の暮らしの中でなくてはならないものを扱っている点にも魅力を感じ、富士機械工業で働きたいと強く思いました。
グラビア印刷機、ドライラミネーター、コーターを担当する営業として新規機械の引き合い対応、受注から搬入・検収までお客さまと社内の業務調整、既存のお客さまへのメンテナンス・修理対応をしています。富士機械工業の印刷機やラミネーターは「国内トップシェア」という誇りを持って日々仕事をしています。

やりがいへJUMP

お客さまや業者と人間関係を構築
できた時、
営業としての喜びを実感。

営業はお客さまとの窓口になるため責任は大きいですが、お客さまとの関係を構築できることにやりがいを感じます。また、機械は電気・エアー、ダクトなど付帯設備がないと稼働できないため、付帯業者との打ち合わせなど様々な業者と関係を持てることにも魅力があります。
営業は設計・製造、工務、品質保証部など関わる部署が多岐にわたりますが、不明点があった際でも専門的なことを丁寧に教えてくれる社員ばかりなのでスムーズに仕事ができ、とても助かっています。

挑戦へJUMP

お客さまと社内の調整役として
仕事を円滑に進めています。

仕事をする上で一番大切にしていること、それは真摯にお客さまと向き合うこと。お客さまと社内の調整役として円滑に仕事が進むように取り組んでいます。
今後は、お客さまとの信頼関係をさらに強固にしていくことが目標です。メーカーというポジションなので高品質な印刷機を提供することが一番大切ではありますが、ハイクオリティな製品を扱っているという誇りを胸に、「西岡が担当でよかった」とお客さまに言っていただけるような営業を目指していきたいと思います。